So-net無料ブログ作成

都庁 都民広場 2011.9.30 [散歩]

出掛けたついでに都庁に寄ってみた。
いつも見ているのだが、中に入ったことはない。
展望台もあるというで上がってみたかったが土曜日なのでそのまま帰ってきた。
が帰ってきてから調べたら、土曜日も上がれたのだった。残念。
一度上ってみたいと思っている。
P1060205.jpg

中央の写り込みをアップにしてみた。
P9240242.jpg

扁円形の広場に沿って彫像が並んでいる。
P9240244.jpg

ビルの谷間。見上げるときれいな雲が。
P9240249.jpg


P9240251.jpg

何人かの若い人が撮影をしていた。

P9240252.jpg


P9240253.jpg
撮影9/24

nice!(17)  コメント(5) 

ヒガンバナ-4  コスモス 2011.9.29 [花]

今年のヒガンバナは
何か違うなと感じつつ撮影している。


花もこれからというのが多い。
IMG_5407.jpg

例年なら稲刈りが済んでいる方が多いのが、
すこししか終わっていないので
花が隠れて見えない。

IMG_5425.jpg

IMG_5443.jpg

IMG_5448.jpg

今年はコスモスの撮影は初めてだ。
ほんの少し、畑に植えられていた。
IMG_5411.jpg

IMG_5415.jpg

空は雲が覆って、真っ白。青空だといいのに。
IMG_5420.jpg
(撮影9/25)

nice!(18)  コメント(2) 

ヒガンバナ-3 倒木  2011.9.28 [花]

IMG_5338.jpg

台風のせいか花が沢山折れているのが気になる。新松田にて。
倒木に寄り添って。
IMG_5356.jpg


IMG_5344.jpg

沢山咲いているよりすこしだけもいい。
IMG_5362.jpg

大きな木が半分から折れていた。
いかに強風だったか。
IMG_5365.jpg

IMG_5366.jpg
(撮影9/25)



nice!(21)  コメント(4) 

ヒガンバナ-2 ざくろ 2011.9.27 [花]


移動の途中で写した田んぼとヒガンバナ。
空は雲が多くて、どんよりしてきた。

IMG_5326.jpg

田んぼの畔に咲く。
P9250314.jpg

実りの秋、もうすぐ刈り取られる。
P9250313.jpg

新松田の延命寺のザクロ
われて真っ赤な実が覗くのが撮りたい。
P9250318.jpg


P9250321.jpg

ツユクサがさいていた。が花の色が出ない。
P9250324.jpg

ここにもヒガンバナがひっそりと咲いていた。

P9250330.jpg
(撮影9/25)
27〜30まで留守にしますので、ご訪問はその後になります。

nice!(25)  コメント(9) 

ヒガンバナ(南足柄市運動公園) 2011.9.26 [花]

新聞に南足柄市運動公園のヒガンバナが満開だとでていたので、
行って見た。
P9250286.jpg
運動公園の土手に沢山咲いていたが
写真にするのは難しい。
P9250282.jpg

朝良い雲が出ていたのだが、???
P9250297.jpg

P9250298.jpg


IMG_5310.jpg

P9250301.jpg

南足柄市運動公園は

 南足柄市怒田1734番地 TEL:0465-72-0006


 (交通)伊豆箱根鉄道大雄山線「大雄山駅」から

富士急行バス「山北駅」行「運動公園前」下車、徒歩2分


 ※バスの便が極めて少ないため、

バス会社(0465-82-1361)へ確認をしてください。
 駐車場 有

(撮影9/25)

nice!(24)  コメント(3) 

ヒヨドリ 2011.9.25 [野鳥]

庭で、
優しい小鳥の鳴き声、
モミジの木を見るとヒヨドリがいる。
いつも鋭い声で、ピーキー泣いているのに、今日は、なんか優しい鳴き声。
違う鳥かと思ったら、ヒヨドリ。
P9230236.jpg

扉をすこしだけ開けて、庭の木の上にカメラを向ける。
上下左右きょろきょろしているが飛んでいく気配はない。
P9230231.jpg

しばらく楽しませてくれた。
撮影23日

nice!(28)  コメント(4) 

横浜観光スポット周遊バス「あかいくつ」号 2011.9.24 [散歩]

横浜観光スポットを1時間ちょっとかけて回る、小型の赤いバス。
いつも見ていたが、乗るのは初めて。
港の見える丘公園までは40分ほどかかった。
IMG_1264.jpg


P1060148.jpg


平日は20分間隔、土、休日は15分間隔。100円。
桜木町駅前→みなとみらい大通り→4丁目駐車情→アンパンマンミュージアム入り口→新高島駅前→マリノスタウン前→展示ホール・パシフィコ横浜→ワールドポーターズ(観覧車の近く)→赤レンガ倉庫→新県庁前→日本大通り→中華街→元町入り口→港の見える丘公園→元町入り口→マリンタワー前→山下公園→大桟橋入り口→大桟橋客船ターミナル→新県庁前→馬車道駅前→桜木町駅前
反対回りはない。

台風一過、港の見える丘公園から
IMG_1255.jpg

IMG_1257.jpg

IMG_1260.jpg

桟橋へ行くと大きな船が入っていた。
「ぱしふぃっく びいなす」号
IMG_1267.jpg

IMG_1269.jpg

IMG_1270.jpg

IMG_1271.jpg

IMG_1272.jpg

IMG_1273.jpg

5時頃出航予定のようだった。
この後強い雨に降られ、身動きできなかった。
最近の天気は油断が出来ない。
雨の中を桜木町へ
P1060178.jpg

P1060179.jpg

撮影22日





nice!(25)  コメント(3) 

酒呑童子3  2011.9.23 [雑感]

17日に象の鼻公園に行ったとき、
いきなり空いっぱいに広がるくもに誘われて、
手前に小舟をいれて空を気にして写してきた。
とにかく雲が印象的だった。

そして今日
この場所を通ると汚いヨットが止まっていた。
今日は雲がないので、船に目が行ったのだが、
垂れ幕がついていて、

IMG_1277.jpg
「斎藤さんおかえりなさい」
「世界初の快挙おめでとう」
「最多8度目の世界一周を達成
単独世界一周高齢77才で達成」
などなど。。
IMG_1276.jpg

そう、このヨットは
単独世界一周の最高齢記録を持つ斎藤実さん(77)の
愛艇「Shuten-douji3」酒呑童子3 だった。
船はさびて、汚く、この垂れ幕がなかったら、まったく気がつかなかっただろう。

17日10時頃ぷかり桟橋に到着したとネットに書いてあった。

17日はここで、16時頃、あの雲を撮ったのに船はなかったな、
ぷかり桟橋10時到着というから、その後ここへ持ってきたのだろうと思いながら、
17日の写真を見返してみたら、
写っているではないか。

世界一周達成した直後だったようだ。
このときはまったく目は雲にいっていて、
船には気がつかなかったようだ。

この写真は17日の物。
P1060083.jpg

台風15号。
スローシャッターでなくてもこんなに揺れていた。
我が家のモミジは枝が折れた。
IMG_1248.jpg

nice!(23)  コメント(5) 

ハナミズキの紅葉 2011.9.22 [庭]

庭のハナミズキが紅葉というか、枯れてきたというか。
逆光では結構きれいに見えますが。

これはPhotoshopで多少いじってあります。

ハナミズキ.jpg

ハナミズキの花が余り知られていない頃、結構安い木だったのだが、
昔、むかしのホームドラマで「ハナミズキ」という番組があって、
急にハナミズキの花が脚光を浴び、高値になったことがあった、

元々それほど高価な木ではなかったが、植木屋さん?は沢山のこの木を作って売り出し、
街路樹などにも使われるようになってきた。

最近は「はなみずき」というと一青窈さんの歌が有名になって、ドラマ、映画と
知らない人がいないくらい。
赤い色のも広まってきて、(アメリカハナミズキ)メジャーな花木になった。

昔のテレビドラマの「ハマミズキ」を知っている人いないだろうな。
netでしらべたけど、出てこない。
テレビ局も、出演者も覚えていないから無理な話だが。

台風が来ていて、強い雨が降り出している。
我が家は高台なので、水の心配はない。
その高台のへこみに位置し、
風も余り当たらない。
すり鉢の底にいるような物で、朝日も夕日もほんの少ししかあたらない。

それが、今日の台風は強い雨と滅多に感じないような強い風が当たっている。





nice!(21)  コメント(2) 

ヒガンバナ 2011.9.21 [花]


庭のヒガンバナがちらほら咲き始めた。
朝から雨降り。
土砂ダムが満水になり危険だと報じていた。心配。IMG_5234.jpg


IMG_5215.jpg


IMG_5238.jpg

IMG_5219.jpg

昨日、脱原発の署名依頼が回ってきた。
即署名した。
大江健三郎さん達が発起人に名を連ねていた。

むかし息子の勉強を見てくれていた先生のご主人が
水戸 巌さんといって日本の物理学者。
東大理学部の大学院を出られて、東京大学原子核研究所に勤務されていて、
息子と係わっていた頃は芝浦工業大学の教授だった。

奥様に勉強を教えて頂いていたのに、息子はご主人と仲良くなり
とてもかわいがってくれ、その時、息子は高校生。

この頃先生は反原発運動のリーダーとして活躍されていて、
息子に原発がいかに怖いか、
「絶対大丈夫という事はない」絶対という言葉はないと教えていた。
私としては
原発に興味があるわけではなかったが、
電気は必要だと思っていたその時期
反原発運動を余り快く思っていなかったことは事実。
しかし、
その恐れていたことが起こってしまった今、
先生が伝えたかったことはこのことだったのだと
あらためて、考えさせられる。

この先生は昭和61年の暮れ、北アルプスの剣岳で、
双子の息子さんと三人で遭難され亡くなられた。53才だった。
息子さんはひとりが京大生、もうひとりが阪大生だった。
生きておられたら今のこの状態を見て、なんと思うだろう、本当に残念だ。

今、はっきり
原発はいらない。
もっと早く判らなくてはいけなかった。









nice!(23)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。